学校についてAbout

時代は変わっても、大切なものは変わらない。

静岡女子高の創立以来変わることのない「三つの大切(校訓)」です。

静岡女子高等学校 校訓

真理をもとめ、素直な心をもち、感謝の気持ちを忘れず、常に謙譲であること。

礼儀正しく、女性らしさを保ち、教養の向上につとめること。

環境に順応し、積極的に自己を高めること。

校長メッセージ

“ガンバルアナタがここにいる!”

静岡女子高等学校校長 石田 弘幸

平成30年度は、本校創立100周年の大きな節目にあたります。様々な時代の流れの中で、多くの女性を送り出してきました。創立以来女子生徒だけの環境の中で、自ら進んで活躍できるような活動をとおして、健康で明るい実践力豊かな女性の育成に力を注いできました。

生徒は創立当時の校名「静岡和洋裁縫女学校」が示すとおり、手に職を持った自立できる女性、言い換えれば実務の知識や技能を身につけることを目指しています。また、TPOに適した身だしなみや言動がとれる人になることも学業と同じくらい大事にしています。
中学ではなかった専門教科を学び、様々な資格取得や検定合格にチャレンジし、上級学校の進学を目指すだけでなく、学んだことを活かし、地域で働くことを希望している皆さんにとっても本校の学科やコース(保育)は適しています。「ガンバルアナタがここにいる。」静女はあなたの個性を応援します。

静女はあなたの個性を応援します。

学校概要

“【教育方針と特色】”

平成30年度は、本校創立100周年の大きな節目にあたります。様々な時代の流れの中で、多くの女性を送り出してきました。創立以来女子生徒だけの環境の中で、自ら進んで活躍できるような活動をとおして、健康で明るい実践力豊かな女性の育成に力を注いできました。

生徒は創立当時の校名「静岡和洋裁縫女学校」が示すとおり、手に職を持った自立できる女性、言い換えれば実務の知識や技能を身につけることを目指しています。また、TPOに適した身だしなみや言動がとれる人になることも学業と同じくらい大事にしています。
中学ではなかった専門教科を学び、様々な資格取得や検定合格にチャレンジし、上級学校の進学を目指すだけでなく、学んだことを活かし、地域で働くことを希望している皆さんにとっても本校の学科やコース(保育)は適しています。「ガンバルアナタがここにいる。」静女はあなたの個性を応援します。

校舎
生徒
集合写真

制服

制服

校歌

街中にあって、近景の八幡山~富士山・南アルプス・駿河湾にわたる遠景の大パノラマを見渡せる本校舎からの原風景は今もかわらない…校訓を柱とする生徒のあるべき姿を詠った本校校歌及び学園歌は、時代を超えて歌い継がれています。

校歌

校歌

学園歌

学園歌

創立100周年までのあゆみ

―3つの時代を経て、静岡女子高等学校は学校創立100周年を迎えました。―

大正~昭和時代

1919年(大正 8年) ・創立者:酒井嘉重により静岡市片羽町に静岡和洋裁縫女学校創立
・初代校長:酒井孝子就任
1921年(大正10年) ・第2代校長:長倉龍子就任
1925年(大正14年) ・第3代校長:杉山光就任
1933年(昭和 8年) ・静岡和洋女子職業学校に改名
・専攻科を設置
1944年(昭和19年) ・初代理事長:小泉憲一就任
・静岡中駿女子商業学校に改名
1945年(昭和20年) ・戦災により校舎焼失、杉山校長殉職
・第4代校長:杉本勇三就任
1947年(昭和22年) ・静岡和洋中学校を併設認可
1948年(昭和23年) ・静岡和洋高等学校に改名
・被服科を設置
1949年(昭和24年) ・静岡市八幡の現在地に新校舎建築移転
1950年(昭和25年) ・学校法人「静岡和洋学園」設立認可
1953年(昭和28年) ・第5代校長:藤井良一就任
1954年(昭和29年) ・静岡女子高等学校に改名
・商業科を設置
1955年(昭和30年) ・静岡女子中学校発足
・普通科を設置
1957年(昭和32年) ・新校舎落成
1961年(昭和36年) ・普通科に普通、商業、家政の3コースを類型化
1964年(昭和39年) ・創立45周年記念式典挙行
1966年(昭和41年) ・寄宿舎「静和寮」完成
1967年(昭和42年) ・中学部を閉鎖
1973年(昭和48年) ・第6代校長:福山富雄就任
・保育科を設置
1976年(昭和51年) ・普通科コースを進学科に改組
1977年(昭和52年) ・第7代校長:長坂晃就任
1978年(昭和53年) ・創立60周年記念式典挙行
・体育館完成
1979年(昭和54年) ・第8代校長:平井行雄就任
1981年(昭和56年) ・家政科、商業科、普通科(進学科)、保育科の4科制発足
1982年(昭和57年) ・第2代理事長:小泉嘉一郎就任
・梅ヶ島研修所和荘完成
・第Ⅰテニスコート完成
1984年(昭和59年) ・家政科・商業科特別実習室完成
1987年(昭和62年) ・第9代校長:疋田宏就任
1988年(昭和63年) ・保育科に福祉コース設置
・第2テニスコート完成
・新制服制定
創立者 酒井嘉重先生と初代理事長 小泉憲一先生
創立者 酒井嘉重先生と初代理事長 小泉憲一先生
昭和6年専攻師範科生
昭和6年専攻師範科生
昭和25年3月「静岡和洋高等学校」の墨書も鮮やかな校名変更後専攻師範科生
昭和25年3月「静岡和洋高等学校」の墨書も
鮮やかな校名変更後専攻師範科生

記念式

体育館正面玄関
体育館正面玄関

平成時代

1992年(平成 4年) ・新寄宿舎「静和寮」完成
1993年(平成 5年) ・保育科を改組し福祉科設置
1995年(平成 7年) ・保育科20周年記念式典挙行
1997年(平成 9年) ・第9代校長:杉山正美就任
1998年(平成10年) ・創立80周年記念式典挙行
2000年(平成12年) ・第11代校長:赤塚千秀就任
2002年(平成14年) ・第12代校長:竹中堯就任
2004年(平成16年) ・普通科に保育コース設置
2005年(平成17年) ・第13代校長:坂本英文就任
・新校舎完成
2008年(平成20年) ・第14代校長:成岡均就任
2012年(平成24年) ・第15代校長:松山康夫就任
2014年(平成26年) ・第3代理事長:小泉明美就任
2016年(平成28年) ・第16代校長:石田弘幸就任
2018年(平成30年) ・創立100周年記念式典挙行

校舎

理念

写真の中のメモリー

沖六鵬先生による書

沖六鵬先生による書

当時の在校生による校章の造形

当時の在校生による校章の造形

今では懐かしい、英文タイプ、和文タイプ

今では懐かしい、英文タイプ、和文タイプ

昭和30年秋 校庭での体育祭

昭和30年秋 校庭での体育祭

受験対策授業風景 平成8年頃

受験対策授業風景 平成8年頃

学年色を活かしたフェニックス

学年色を活かしたフェニックス

交通アクセス

JR静岡駅から最も近い全日制高等学校

・静岡駅南口から徒歩8分の距離にあり、通学アクセスの良さが抜群です。
・東は三島・富士、西は掛川・菊川からでも通学可能で、静岡市外からはJRや東名高速バスが便利です。

MAP

住所

〒422-8076 静岡市駿河区八幡3丁目6番1号

最寄り駅

JR静岡駅 (南口から約800m、徒歩8分)

最寄りのバス停 (しずてつジャストライン)

・みなみ線(17)(内回り):「八幡3丁目」バス停から徒歩1分。
・みなみ線(18)(外回り):「八幡3丁目」バス停から徒歩3分。
・県立病院高松線(20・22):「八幡2丁目」バス停から徒歩5分。
・日本平線(40・41):「八幡2丁目」バス停から徒歩5分。

  • 学校について
  • 学科について
  • スクールライフ
  • 資料請求
  • 各種証明書発行
  • 寄付金のお願い

ページトップへ