静女日記notice

校長室だより その4

2020年5月25日

学校再開!!

 長い臨時休校期間となりましたが、本日はほとんどの生徒が元気に登校することができ、学校が無事に再開されました。先生方も生徒たちも、どんなにこの日を待っていたことか。再開にあたっては、以下のような話を校長からしました。

(3密を避けるため、1年生は集団を2つに分け、セカンドホールで集会を行いました。2・3年生は、放送によって校長の話を伝えました。)

 今回の新型コロナウィルス感染症で、我ながら実感したことは、人は「切羽詰まらないと、わがこととして捉えない」、「自分にとって都合の良い情報だけを切り取って安易な方に解釈したがる」ということです。「熱いお湯を飲むとコロナウィルスは死ぬ」といったデマを信じてしまうのも、そういうことだと思います。

 大切なことは、今目の前でどんなことが起こっているのか、それはどのようなリスクを伴うのか、それに対してどのように対応していけばいいのか、ということを冷静に考え、行動として現していくことです。

 そして、それは、コロナウィルス関連のことだけでなく、学校生活や社会生活において自分に降りかかってくるさまざまな事どもでも同じことです。自分にとって都合の良い面だけを見るのではなく、また「こうなればよい」という結論ありきではなく、冷静に全体と細部を見て、客観的に分析し、然るべき対応を考えること、そういったことが大切です。

 さて、ようやく学校が再開します。私たち職員・先生方はこの日を待ち望んでいました。明日から早速授業も始まります。授業は、あなたに学力をつけ、技能を向上させます。あなたはその学力や技能によって、近い将来、進学や就職の道を開きます。そして一人前の社会人として自活していきます。授業で身に付ける学力や技能は、あなたの幸せを実現するための最も強力な武器となります。再開できた今日のこの気持をお互いに忘れず、明日からの授業に意欲的に取り組み、実りある学校生活を築いていきましょう。

 

 

 

一覧に戻る

  • 学校について
  • 学科について
  • スクールライフ
  • 資料請求
  • 各種証明書発行
  • 寄付金のお願い

ページトップへ