静女日記notice

校長室だより その7

2020年6月10日

最近の重要なお知らせ(お手紙)について

                                                                

 ここのところ、立て続けに重要なお知らせ(お手紙)を出しております。

    

 一つ目が、6/5付けで配布致しました、「新型コロナウィルス感染症または感染症疑いに伴う出席停止措置について(変更)」という文書です。

 この文書は、新型コロナウィルス感染症として「出席停止」の条件を書いたものでしたが、その中の(5)を変更しています。

 (5)の内容は、要約すると「風邪気味ならば出席停止の措置とします」というものでしたが、それを削り、「7度5分以上の発熱で出席停止」としました。県内では、ここのところ新型コロナウィルス感染症に感染する人が「0」の状態が続いていることや、政府からの緊急事態宣言が解除され、「withコロナ」という「新しい生活様式」への転換が求められてきたことなどからです。

 もちろん、新型コロナウィルス感染症に対する構えは十分にとっていくなかで、次第に生活を安定感のあるものにしていきたいと思います。

                                  

二つ目が、6/8付けで配布致しました、「令和2年度体育祭における新型コロナウィルス感染症対策について」という文書です。

 ここには、本当に残念ではありますが、今年度の体育祭については、保護者や卒業生の皆様の応援(御来場)を御遠慮願いたいことや、競技の中身を縮小したり密とならないものに変更したりという内容が書かれています。

現在、募集担当教諭と中学校を訪問しており、ほとんどの中学校も体育祭は縮小・無観客で行うと聞いています。また、ある中学校では、本当は土曜開催をあえて平日に行うそうです。今年の新型コロナウィルス感染症の襲来は、各校に大きなダメージを与え続けています。しかし、これに負けずに、たんたんとできることをできる範囲でやっていきたいと考えています。

                    

 さらに、今週末か来週のはじめに配布したいと考えております文書は、これもコロナ関連ですが、「時差通学の解除について」(仮題)です。

 現在、新型コロナウィルス感染症対策の一つとして、9時登校の「時差通学」を設定しています。また、この時差通学に伴って、45分の短縮授業を行っています。少し遅めの登校とすることで、朝の通勤ラッシュの時間を避けること、また45分短縮授業により、下校の時間を4時代とし、やはりこれも帰りのラッシュを避けることに目的を置いておりました。

 この時差通学については、今月19日(金)までとし、22日(月)からは、通常の登校としていく予定です。

 根拠は、5月25日(月)に政府が出した「社会経済活動の段階的な再開」にあります。

 政府は、緊急事態宣言の解除をした5月25日(月)、全国で3週間ごとに制限の緩和を進め、8月1日にはイベント・祭り・外出自粛等について全面解除をする
「社会経済活動の段階的な再開」に向けた方針を出しました。

 それによると、5/25→6/1→6/19→7/10→8/1という段階で社会経済活動を段階的に解除していきます。6/19は、その節目の一つで、この日から、コンサートや展示会1000人単位でOK、プロスポーツもOK(ただし、無観客)、祭り・フェスティバルも地域ならばOK、県をまたぐ移動もOK(ただし、観光は徐々に)となり、それまでのさまざまな自粛が大きく緩和される予定です。

静岡県の感染者の推移をみても、現在のところ数字としては「0」が並び安定感があります。さらに、外に出るときのマスク装着やハンカチ・鼻紙の持参、手指の消毒等についてもほとんどの人たちが意識し、行動にうつすことができています。電車・バス等での通学の生徒もあり、まだまだ不安に思われる保護者の方もいらっしゃるかとは思いますが、現状は「vsコロナ」から「withコロナ」に移ろうとしています。できる限りの対応策を各所でとりながら、(学校)生活を正常な形に戻していきたいと思います。

 保護者の皆様のご理解とご協力をお願い致します。

                                    

 私の自宅は西ヶ谷グラウンド(静岡市葵区西ヶ谷)の近くにあります。西ヶ谷グラウンドやその周りで見かけた鳥や花たちです。

一覧に戻る

  • 学校について
  • 学科について
  • スクールライフ
  • 資料請求
  • 各種証明書発行
  • 寄付金のお願い

ページトップへ